硬直1000F

3日でやめます

破滅への輪舞曲(ロンド)と、腐女子の中に眠る武士道と。

 

※ 申し訳御座いませんが、本記事は某有名テニスプレイヤーとは一切関係が御座いません。ご了承の上、よろしければご一読ください。

 

 

 

 

 

 流行語大賞のノミネートが発表された。大迫半端ないって、とか、TikTokとか、なるほどなあというものが揃っている。しかしTikTokがこんなに流行るとは思いもしなかった。「どうせすぐにオッサンがミニスカで踊る女子高生を見てニヤけるためだけのアプリになるんだろうな」などと思いながらミニスカで踊る女子高生を見てニヤけていたのだが、まさかこんなに覇権を得るとは。顔とかいいから脚を映せ脚を。


 昨年度の大賞は「インスタ映え」であった。最近では単純に「ばえる」とも用いられる。このような単純な動詞が新語になるのは比較的珍しい。そういう意味では、「病む」というのも最近になって新たな用法が出てきた言葉のひとつだ。日常的に病みツイートも見かけるようになった。とはいえタイムラインの年齢層も高くなってきたため、出てくる言葉はめっきり「死にたい」ではなく「酒飲みたい」だ。酒に逃げるという手法は、若年層では思いつかない。でも男性諸君は本当は「酒飲みたい」んじゃなくて「セックスしたい」はずだ。もっと自分に正直に病んでほしい。

 

 

 

f:id:dr0ptheh8:20181115144106j:plain

 

 

 

 「病む」と元はよく似た意味の言葉で、「こじらせる」というものがある。昨今、とくにオタク界隈で用いられる用語としての意味は、あるものに没頭し、たいそう熱をあげる様子を指すようだ。


 しかしこの「こじらせる」という語、元は、物事を複雑にしてしまうだとか、病気がひどくなるというようなマイナス方面の意味を含んでいる。本来、好きなものに没頭するのは悪いことではないように思える。なのに、なぜこのような否定的な語が用いられているのだろうか?

 

 

 

 「こじらせる」を悪い意味として捉えることは、使っている当事者も気づいているはずである。つまり、「自分はこじらせたオタクだ」と公言する人は、その意識の中に「自身が悪い方向に向かっている自覚」を内包しているといえる。

 

 これと似た感覚の表現として、「沼にはまる」というものもある。出自は不明だが、主に女性オタク(いちいち女性オタクと呼ぶのは面倒なので腐女子と呼ぶことにする。厳密には意味が違うと思うのですがあしからず。)の界隈で用いられるというイメージだ。一時期は、沼にはまってしまう腐女子の心理を描いたものがツイッター上で流行していた。(白ハゲ漫画とかいって揶揄されていたが、私は好きです。(好きだと言っておけばセックスできますかね(最近「実はオタク女子のが本性はエロい!」みたいなAVを見たのでかなり腐女子のポイントが上がっている(知らん))))

 

 実は日本語でこのような意味をあらわす言葉は、押し並べてマイナスな意味を含んでいる。説明として用いた「没頭する」はもともと頭を切り落とす意味であるし、「ハマる」とは身動きが取れなくなることだ。「うつつを抜かす」のうつつは現実のことであるし、「憂き身をやつす」のやつすとは痩せ細る意味だ。「心を奪われる」、「病みつきになる」に至ってはもはや言を俟たない。

 

 これらの言葉に共通するのは、自身が”破滅”に向かっていく感覚である。ある対象に夢中になることは、自身を破滅へと導くことであるという考え。この感性は、日本人に独特のものである気がする。あるいは日本特有のものではないにしろ、三島由紀夫金閣寺などに代表されるような、憧れと破滅が入り交じった感情は、やはり日本人の強く意識する部分なのではないか。

 

 

 

 さて、先ほどの2語の話に戻ろう。私は上記のさまざまな語の中でも、群を抜いて”破滅”に近いのがこの2語であるように思える。それは、その対象が手の届かない存在であることが多いからだ。

 

 趣味に「ハマる」とき、身近な異性に「心を奪われる」とき、我々は自身を破滅に向かっていると定義する。とはいえ、趣味はすでに手が届いているものであるし、身近な異性ならばある程度手が届く距離にいるはずだ。

 

 しかし、アイドルや俳優、あるいは二次元キャラなど、確実に手が届かない存在に我々が没頭するとき、その身はより破滅に近づく。はじめから見返りなど期待できない、その中で、自分にとっての神性をもつ、高貴な偶像に熱をかたむける――「こじらせる」「沼にはまる」には、そんな趣がある。公式のグッズを買い漁りながら、「もっと貢がせろ」と嘯くオタクに、その影が見て取れはしないだろうか。(もちろん浪費それ自体が悪というわけではない。むしろファンならある程度は還元すべきだとは思っている。高校時代の友人Aくんなどは補習をサボって某AV女優の〇井そら握手会に行き、握手券として購入させられたDVDを帰り際に3軒隣の中古エロショップで売るという荒技を決めていたが、そのような態度もどうかと思う。私は未だにそのときのDVDは大切にとってある。

 

 そして、この2語を比較したとき、「沼にはまる」のほうがより破滅に近いことも考えられる。「こじらせる」とはあくまで内的要因による破滅であるが、「沼」のほうは外的要因である。自己の身体が他者に呑まれていく感覚。このあたりは、「女性は感動の要因を自己の管理外に置くのでは」と過去の記事で述べたこともある。

 

 偶像を崇拝するとき、もしかしたら男性よりも女性の方が、自己の身の破滅をより強く意識するのかもしれない

 

 

 

 ところで、日本には古来から、このような”破滅”の美徳がある。武士道である。

 

 誤解のないように言っておくが、武士道とは決して死を至上とするものではない。武士の精神のひとつの発現が死という形なだけであり、そこに帰結することのみが武士の理想ではありえない。だとしたら武士になった瞬間に全員自害せねばならなくなる。
 

 武士にとっての死とは、自己意識を殺すことであるという説がある。自己の利害を度外視すること=自己の死 によって、最良の判断が得られるという考えだ。つまり武士とは、死を想うことにより生を享受する者、いわば最も生を渇望する者であるともいえる。だから、武士の本質は決して「死にたい」ではない。そこにあるのは飽くなき生への執着、いわば「セックスしたい」なのだ。(?)

 

 

 

 オタク・腐女子は自身を「死に向かう存在だ」と定義しながら、「生を享受する存在だ」とも自覚している。オタク・腐女子にとって何かに没頭することは、最も生を実感できる瞬間であるからだ。だからこそその偶像を崇拝し、”生きがい”として信奉するのだ。その意味では、オタクや腐女子こそ、現代に生きる武士道の継承者なのではないだろうか。中でもより強く”破滅”を意識する腐女子の内に、この感性は息づいているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 「武士道と云ふは、死ぬ事と見つけたり」で有名な書、”葉隠”の中には、武士のマナーに関する内容も多く記述されているらしい。へえーと思って調べていたら、目を疑う記述もあった。

 

f:id:dr0ptheh8:20181115144603j:plain

 

f:id:dr0ptheh8:20181115162248j:plain

 


 マジで腐女子のルーツじゃん。

 

 

白米と素人ものAVに見る、脱構築論

 

 

 2ヶ月以上ぶりの記事になってしまった。理由は明白で、同時進行で下書きの原稿をため込んでいた職場のフォルダが、サーバー移行に伴って全部消えたからだ。世の不条理を感じている。移行するならもっときちんとケアしておいてほしかった。1ヶ月前の告知なんて忘れるに決まってるだろ!もっと直近で告知して、なんならバックアップしといてくれよ!仕事用のデータだったらどうするんだ!とお解りのとおり完全に自業自得で下書き類が灰燼と帰してしまったため、ゼロから書き直しているといったところだ。7割くらい書いてたものもあったのだが、中身全部忘れたので別の話題を書くことにする。

 

 

 

 

 

 私は、白米がそれほど好きではない。好きではないと書くと語弊があるのだが、少なくとも一般的な日本人の平均よりは程度が劣るだろう、と考えている。べつに白米なしのおかずだけの食事でも満足するし、コンビニでおにぎりかパンを買うことになったら迷わずパンを選ぶ。インドカレーの店なんて確実にナンだ。っていうかインドカレー屋でライスにする人類とはほんとうに相容れないと思う。我々など、カレーよりナンを食べに行っている節まであるというのに。ナンなんだあいつら(観客拍手)

 

 もちろん白米が絶対に必要!という瞬間はある。家系ラーメンの最後に少しだけ食べるライスは至高だし、ホルモンを食べるなら白米はほしい。我々は、常に白米を求めていないというわけではない。ただ、往々にして、それを優先的に選択するという行為をしないのみである。

 

 今回は便宜上、我々のように、「白米を選択することが優先的ではない人間」を”白米嫌い”と呼ぶことにする。いや、もちろん厳密には白米が嫌いなわけではない。ただ明らかに”白米好き”ではないということと、論じる上での簡潔さとを併存させた表現として妥当であるという理由で用いるのみである。そんな鬼の首とったようにツッコまないでほしい。私はべつにケンカがしたいわけではないのだ。そういうとこやぞ君ら。

 

 

 

 我々”白米嫌い”のひとつの特徴として、「コロッケはおかずになるか」という議論がある。断言しよう、コロッケで白米を食べることは不可能だ。その不可能さといったら、今日は栄川乃亜の単体もので抜こう!と思っている日に、AIKAの企画もので抜くようなものだ。いや、それはできるか。じゃあ、その逆。逆くらい不可能。いや、それもできるか。できます。以上です。

 

 このような「白米のおかずにならない(にもかかわらず、なるという認識の人々が一定数いる)食べ物」の最たるものはコロッケだろう。しかし、同種の食べ物は他にも散見される。刺身であったり、焼売であったり。あるいは人によっては、お好み焼き、おでん、卵焼き、冷や奴なんかも含まれるのかもしれない。

 

 たとえば刺身なんかは、それでご飯がまったく一口も食べられないというわけではない。寿司は好きだし、海鮮丼は普通に食べられる。しかし、刺身定食となると違う。

 

 つまり我々”白米嫌い”にとって、「おかずならば必ず白米が食べられる」という命題は成り立たないのだ。

 

 

 

 しかし世の中には、このような我々の主張に対し、「いやいや、コロッケでご飯いけるっしょ~(笑)」「え、お好み焼きでご飯食えへんの?ワイら関西人には理解できひんわ(笑)」などと声高に嘯く輩が一定数存在する。いや知らん。知らんのだが、知らん知らん・・・と突っぱねるだけでは芸がないため、今回はこのような意見への反論を企てたい。

 

 

 

 

 

 さて、皆さんは”脱構築”という言葉をご存知だろうか?

 

 脱構築とは、哲学者のジャック・デリダが提唱した手法で、二項対立したようなものを分解、要素を抽出して、お互いを対立させずに考えようとする潮流のことだ。

 

 二項対立しているように見えるものの中には、お互いにお互いの要素が含まれている。それを分解して、メタ的に考える脱構築は、現代哲学の中でも、かなり先進のものである。

 

 

 

 たとえば、二項対立の例として「女優ものAVと素人ものAV」を挙げてみよう。(ここで月並みなブログなら「男と女」とか「昼と夜」とかそういう一般的なサンプルを用いるのだろうが、そういう感じのやつを読みたい人は栄川乃亜のくだりで既にタブを閉じていると思われるため、あくまでこの例えでいくことにする。ついてきてくれよ、みんな!)

 

 女優ものAVと素人ものAVは相容れないもの、すなわち二項対立だ。なぜなら女優ものAVには素人は絶対出ていないし、素人ものAVに女優は絶対出ていないからだ。絶対出ていないのだ。絶対出ていないってことにしといてください。僕の夢を壊さないで・・・

 

 

 

 さて、この2ジャンル、それぞれの良さは何だろう。女優ものAVの良さは、きっちりとした構成とカメラワーク、演者のパフォーマンスに裏打ちされた、エンターテイメント性だといえるだろう。一方素人ものAVには、そこまでのアトラクティヴさはないものの、日常の中に潜む非日常を見つけられる生々しさがある。

 

 

 

 しかし、ここで考えてみてほしい。素人ものAVの中に、エンターテイメント性のある作品だってあるとはいえないだろうか?(マスクしてライブチャット配信するやつとか。)また、女優ものAVの中だって、生々しさのある作品はある。女優のプライベートを隠し撮りする体のやつ(あくまで体だろうが)なんかは、逆にリアルさがあっていい。

 

 つまりこの2ジャンルはそれぞれ、対立しているように見えて、お互いがお互いの要素を含んでいるものだといえる。このように、一見して二項対立に見えるような事項は、相互に他者の要素を含んでおり、完全に分離して考えることはできない、というのが脱構築の考え方だ。

 

 

 

 

 

 先に述べた白米好きvs白米嫌いの構図に、この考え方を適用してみたい。

 

 白米好きは、常に白米を欲しているわけではない。おかずの種類によっては白米を選択しないケースだって存在するのだ。コロッケでご飯が食べられる人はおでんで食べられないかもしれないし、お好み焼きでご飯を食べる人は刺身で食べられないかもしれない。ご飯にマーガリンはつけないし、ご飯に錦糸卵ときゅうりの細切りを乗せてマヨネーズと別添のタレをかけたりはしないはずだ。つまり白米好きは、局所的に白米嫌いになるのだ。

 

 つまり白米好きは、部分的に白米嫌いの要素を持っており、完全無欠ではない。となれば先述のような白米好きの意見も、辻褄の合わない部分は出てくるはずだ。(それでも「いやいや、自分はなんでもご飯と一緒に食べれますよ(笑)ご飯に合わないものないっしょ(笑)白米サイコー(笑)」とか言ってる奴いたらもうほっときましょう。一生パンが食えない呪いにかけてやりますよ。米にアヒージョぶっかけて食ってろ。

 

 

 

 思えば、世間でしばしば槍玉にあがる”嫌われ者”たちも、一方では他者の要素を含んでおり(自称サバサバ女子はそれを自称している時点でぶりっ子の要素を含んでいる、迷惑型ラブライバー陰キャラの中に陽キャラの要素を含んでいるなど)、それを脱構築的に捉えることは、自分がそのような者になってしまうという事態を防いでくれるかもしれない。

 

 脱構築の最終的な目的とは、固定化された観念を打破し、ものごとを柔軟に考えようとすることだ。近年の哲学は、このような大きな潮流に身をゆだねている。現代に生きる我々には、ひとつの考えに固執することなく、自己と他者を分析的に捉え、柔軟に考えることが求められている。相手の意見を聞き、「相容れない」と突き放すのではなく、そこにコミュニケーションの余地を残せるような、そんな生き方をしていきたいものだ。

 

 

 

 

 

でもコロッケでご飯は無理。

あなたのツイートをバズらせる、たった1つの方法

 

 

  ライフハックメディアみたいなタイトルで失礼します。こんにちは、ハブ石井です。(今思い返してみるとこんな感じであいさつから書き出したことって今までなかった気がするが、やっぱり今後はしていこうと思います。あいさつと言えば私、みたいなところあるし。AV見る前も必ず一礼とかしてますからね。メーカーの本社のある方角に向かって。(本社の方角はさすがに嘘だが、AV見る前に画面に一礼すること自体はわりとマジでたまにある(理由は自分でもわからんけどたぶん感受性が豊かすぎるんだと思う)))

 

 

 

 みなさんお使いのツイッターAPIの変更に伴って寿命を迎えるかと思われたが、延期によってその宿命を免れたことは記憶に新しい。このブログでは、しばしばツイッターの話題を取り沙汰している。炎上を回避する、だったり、クソリプって何なのか、だったり。今回は昨今よく耳にするようになった、”バズる”という現象に焦点を当てていきたい。

 

 

 

f:id:dr0ptheh8:20180727155635j:plain

 

 そもそも”バズる”とは、ある事項がネット上(主にSNS上)で突如脚光を浴びることを言う。最近だと安倍首相が来るからエアコンついたとかストローマン論法とかあのへんだろうか。RTされまくって様々の議論を呼んだり、しょうもないクソリプが返ってきたりという様相を呈している。

 

 こういった状況は、発信者がよほどのインフルエンサーでない限り、意図的に引き起こすことはなかなか難しい、というのが一般的な認識だろう。本人も他者も、(意図的な炎上事案を除き)発信する時点ではそれがバズるとは思っていない。バズはあくまで偶発的で、遡及的だ。だから、「お前有名人じゃんwww」という定型文化されたリプライがついたり、「バズったので宣伝します!」という後付けのコマーシャルで彩られたりするのだ。(ところでこんなものはもう散々言われ尽くしていることだと思うが、バズったから宣伝するって何?何の努力もしてないのに宣伝できちゃうのずるくね?俺も何の努力もせずにブログの宣伝したい!(シンプル嫉妬))

 

 しかし、このようなツイートには確実に傾向がある。今回は実際にバズったツイートから、その要素を検証してみたい。

 

 

 

 さて、まず重要になるのは、「どんなツイートがバズりやすいのか」ということである。私はそのようなツイートの条件として、大きく3つの要素を含んでいると考える。

 

① 母数の大きい集団に関係のある問題提起

② その問題に対する一面的な意見

③ 意見の脆弱性(ツッコむ余地)

 
 他にも漫画作品とか、子どもの珍回答とか、テレビ画面をキャプっただけのやつ(だいたいTOKIO城島)とかもあるが、「議論を生み出す」という部分にフォーカスすると上記のような特徴になると思われる。

 

 

 

 例を挙げて考察したい。

 

 まず以下のツイート画像を見てほしい。これはちょうど最近バズっていたツイートである。

 


例1

f:id:dr0ptheh8:20180727155604j:plain


例2

f:id:dr0ptheh8:20180727155615j:plain

 


 画像の中に、上記の①、②について注釈しておいた。まず①ついて、例1では「日本人の差別」という、誰しも関係のある話題をフィーチャーしている。同様に例2でも、剛力彩芽という誰でも知っている女優について、それに対するネット民の反応と、見る人全員に関係がありそうな話題になっている。

 

 続いて②について。その問題提起に対する発信者なりの意見(ざっくり言えば賛成か反対か)が書かれていることがその要件だ。例1では「日本人は無自覚な差別を悪とするか」という命題に”反対”という立場から意見を述べている。例2では、剛力彩芽のような振る舞いに”賛成”、岡村隆史のような男性芸能人の苦言・ネット民の苦言に”反対”という立場からの意見だ。このように、問題提起に対してある視座からの意見が書かれていることが2つ目の要件である。

 

 ③について。これは上記の画像中には注釈を入れづらかったので、この場で説明したい。上記2つの例にある意見には、いずれも脆弱性がある。簡単に言えば、ツッコミどころがあるのだ。ただし、そのツッコミは決して論理的客観性がなくてもよい。例えば①の例なら、大局を見れば概ね真理をとらえた意見だろうと思われるものの、「いやいや、ウチの周囲ではそれも差別って言ってるよ。例えば~」とニッチな話に持っていくことができる。同様に②の例でも、「女性芸能人なんだからそのへん気を遣うのは当たり前」「ファンの気持ちを考えろ」などという反論が巻き起こることは目に見える。

 

 このような反論は、どんな意見に対してでも起こるものだし、非常に論理的なものから著しく客観性を欠いたものまで様々だ。でもそれでいいのだ。とにかく「反論が起こる」ことに意義があるどうせツイッター上での議論なんて99%有意義なものにならないんだから、反論の質なんてどうだっていいのだ。みんなでワイワイガヤガヤ、盛り上がれさえすればそれでいい。

 

 

 

 上記のような条件を考えると、バズるツイートはその性質として、ある意味”ディベート的”であるといえる。ある問題に対して、賛否いずれかの立場で立論をおこない、相手の反駁に備える形。そのように考えると、バズるツイートの3条件に加え、もう1つ裏の条件が見えてきそうだ。

 

⓪ 問題提起の内容が「答えの出ない」ものであること

 

 ディベートにおいては、その主題は基本的に答えの出ない問い(死刑制度の是非、尊厳死の是非、遺伝子組み換え食品の是非など)だ。こんなものはもうこの世にはごまんとある。なんだったら、答えの出る問いのほうが圧倒的に少ないだろう。確立された真理なんて、1+1=2であるということと、途中で女優の服を全部脱がせるコスプレAVはゴミということだけだ。(あれはもう本当にゴミだ

 

 

 

 

 

 さて、ここまで”バズるツイートの特徴”について述べてきた。それは普遍性であり、一面性であり、脆弱性であった。と、ここで私は思うのだ。もしかしたら人類の意見って、対多人数(10000人とか以上)用にはできていないんじゃないか?と。

 

 

 

 ツイッターでは日夜、問題提起のツイートがバズり、それに対して多くの人が自分なりの意見を表明している。そのこと自体は別にいい。問題意識を持つことは大事だし、それについて(誰かの意見に引っ張られる形でなく)自分の意見を持つこと・考えることは、人間たる上で重要なことのはずだ。

 

 しかし、なんというか、ツイッター上での意見表明は、コンプライアンスがきつすぎやしないだろうか。どんな素晴らしい意見も、絶対に反論が起こる。となれば言えることは1つ。そもそも我々は10000人とかに向けて意見を発信するようなシステムになっていないのだ。

 

 人類は長い間、そんな人数を相手にして来なかった。わずか2000年前に人はまだ、村を作って50人に満たないコミュニティで暮らしていたのだ。活版印刷で書物を広く流布できるようになったのなんて400年前。ましてやインターネット上のコミュニケーションなど、生まれて40年程度なのだ。我々の遺伝子はまだこの変化に対応できていない

 

 少人数のコミュニティから多人数のコミュニティに移ったことで、我々は”意見を変えることが許されなく”なった。50人の村なら「昨日と言ってることがちがうやん。まあええか。〇〇もええとこあるしな。許したろ。」となっていたのが、10000人ではこうはいかない。そこでは、発信者の人間性が透けて見えず、意見のみが人間性の判断材料になってしまう。やれ一貫性を持てとか、論破したったwwwとか、新たな反論を呼んでしまう。昨今では”手のひらドリル”という単語も生まれているように、このような”意見の変化”に厳しい情勢になっている。(ところで“手のひらドリル”という単語を初めて聞いたときイメージしたのは、新手のSFエロテクニックか?ということだった。前立腺ぱーんち!みたいなやつ(うちは「おかあさんといっしょ」レベルで子どもに見せても大丈夫な清廉潔白なブログを目指しており、エロ画像を載せるような低俗なブログではないので、知らない人は各自でググってください(ちなみに私はこういうSFエロシチュエーションは男女問わず苦痛を伴う系が多いため好きではない)))

 

 我々の遺伝子は、文明の発展にまだ追いつけていない。人間はまだ、「意見を変えても許される範囲」以上の人間を相手にするようにできていないのだ。

 

 

 

 

 

 最後にことわっておくが、私は決して、ツイッターで意見を表明するなということを言いたいわけではない。これだけ気軽に自己を発信できるツールというのは、非常に革新的だし、間違いなく面白い状況であるのは間違いない。ただ、「そもそもツイッターでの意見表明には生物的な無理があるんだよ」ということを念頭に置いて、発信するときも受信するときも、みんな寛容な目で利用していけたらいいな、と思っているだけである。実社会でもSNS上でも、もう少しお互いに、譲り、許し合える心をもって暮らしたいものだ。でもコスプレを途中で脱がすのだけは絶対に許さんからなマジで